【アガベユタエンシス栽培記録】アガベユタエンシス実生の育て方とコツを徹底解説

アガベユタエンシスの実生をしたい人「アガベの中でも人気品種のユタエンシスの種子を購入したから、どのように播種して成長させればいいのか知りたい。また、どのぐらいの期間で成長するのか実際に栽培している人の成長記録を見てみたい。

本記事ではこういった疑問を解消します。

目次

本記事の信憑性

本記事を書く私は、アガベの種子などを今日までに1,000粒以上播種し、栽培しています。その経験から失敗談や成功談もあるので、その知識を伝えることができると考えています。

播種した日にち

アガベユタエンシスを播種したのは、2022年5月5日です。

ユタエンシス実生の栽培記録と成長のコツ

播種

ユタエンシスを播種したのは、2022年5月5日

種子はseed stockというところで購入しました。

アガベやパキポなどの人気品種を多く取り扱い、非常に信頼感のあるサイトで私は良く利用しています。

ユタエンシスは人気品種で即売り切れますが、たまたま購入できました。

使用した用土の配合

いつもアガベを播種するときは、赤玉土とバーミキュライトの配合で行っていましたが、その配合だと腰水を切った時に株が安定しないので、出来るだけ腰水を切っても、植え替えなしで長期間管理するためにひゅうが土3:赤玉土3:鹿沼土1の配合で播種しました。

土選びの注意点

1つ目が、全ての土の微塵をしっかりと抜くこと

微塵が多いと根詰まりや生育の妨げになります。

2つ目は、硬質のものを選ぶこと。

ひゅうが土は崩れやすい用土ではないので、気にする必要はありませんが、鹿沼土や赤玉土は崩れやすいので必ず硬質を選びましょう。

3つ目は、発芽してから根を隠してあげることです。

表面の部分にもひゅうが土など固い石を使用する場合は、根が下に潜っていきづらく、根が表面に出ることがあるので新たに土を追加したりしながら根を隠しましょう。

発芽発根

発芽発根を確認したのは、播種して3日から1週間ほど。

ほとんど発芽しました。種子が新鮮だった証拠です。

発芽のコツ

発芽率が良かったのは、種子の新鮮さもありますが、今回は管理方法が良かったと思います。

というのも、アガベは加温と加湿してもカビたりするリスクが少ないので、今回はヒートマットとジップロックを使って加温と加湿をしっかりと行いました。

それもあってか、非常に発芽率は良かったです。

発芽後約1ヶ月

発芽後約1ヶ月の様子がこちら。

本葉はまだ出てきていないですが、順調に成長しています。

発芽後、根が出てきるものは新たに土を足してあげたりしながら、腰水管理で水を切らさないように管理しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA