【パキポディウムロスラーツム栽培記録】パキポディウムロスラーツム実生の栽培方法徹底解説

パキポディウム実生をしたい人「パキポディウムの実生をしたいけど、どうすれば発芽率良く栽培できるのか。それに徒長せずに丸く育てることができるのか。実際にパキポの実生をやっている人に聞いてみたい」

本記事ではこういった疑問を解消します。

目次

本記事の信憑性

本記事を書く私は、アガベやパキポを中心に実生を今日まで1000粒以上播種して栽培しています。そこでの成功談や失敗談をもとにどうすれば、徒長せずに栽培が可能になるのか、どうすればうまく発芽するのかを解説できます。

この記事のロスラーツムの播種日

この記事で紹介するパキポディウムロスラーツムを播種したのは、2022年5月15日です。

ロスラーツム実生の栽培記録と栽培のコツ

播種

播種したのは2022年5月15日。

播種する時期について

発芽してからの気温が温暖で、冬までに一気に成長させたいのでこの時期の播種を選びました。初年度の冬越しは枯れるリスクが高いので出来るだけそれまでに成長させるイメージです。

【実生初心者必見】パキポディウム実生一年目の冬越しで失敗しないためのコツとポイント

購入した種子について

種子はseed stockというところで購入しました。実生が好きな人ならほとんど利用経験があるのではないかというぐらい人気のサイトです。

発芽実績も多く信頼されている場所なので非常におすすめです。

使用する用土

使用した用土は赤玉土1:バーミキュライト1の配合で行いました。

パキポは根張りが弱く、軽石やひゅうが土などの硬い土だと根が潜っていかないのでこの配合にしています。

土選びの注意点ですが、赤玉土は崩れやすいので出来るだけ硬質と記載のあるものを使用するようにしてください。

硬質でないと、崩れて根詰まりや生育の妨げになります。

せっかくの種子から育てる植物なので土は良いものをと考えているのでプランテーションイワモトというところで毎回購入しています。非常におすすめです。

園芸用土のイワモト
¥600 (2023/03/19 05:45時点 | 楽天市場調べ)
園芸用土のイワモト
¥700 (2023/03/23 18:57時点 | 楽天市場調べ)

自分で配合するの面倒だし、そんなにたくさん種子を撒かないから市販の種まき用土で十分という人にはこの商品がおすすめ。プロが監修しているので安心です。

発芽発根

発芽発根を確認したのは、播種して2日から5日ぐらいでした。

同時期に播種したグラキリスやカクチペスなどよりもすぐに発芽してくれました。

発芽率もかなり良くほとんどの種子が発芽し成長しています。

発芽のコツ

発芽のコツはカビ対策をし、出来るだけカビさせないこと。その中で加温し発芽を促進させることです。

アガベなどの種子と違いパキポの種子は非常にカビやすいので加温した際に蒸れて加湿状態になりすぎないように十分注意してください。

私は腰水管理している下にヒートマットを敷いて、加温だけして加湿はしないようにしています。

播種後約1ヶ月

播種後約1ヶ月経った様子がこちら。

双葉が開いて、まだ本葉が展開するというわけではありませんが、立派に成長してくれています。発芽後の管理はLEDの下で腰水管理を継続してそのまま2〜3ヶ月またはそれ以上同じ管理を続けていこうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA